トップページ > 製品情報 > ケーブル > ディスプレイケーブル・アダプタ > DVIケーブル・アダプタ > DVIについて

DVIについて

DVIとは

DVI(Digital Visual Interface)とは、パソコンからディスプレイへ映像信号を転送するためのインターフェースです。
DVI以前に主流だったアナログVGA規格と異なり、無圧縮のデジタル映像データを送ることができます。このため、アナログVGAと比べて電気的ノイズを受けにくく、高画質、高解像度の映像をディスプレイに表示することができるようになります。DVIは対応する解像度の違いによって使い分けられ、シングルリンク・デュアルリンクといって区別します。

シングルリンクとデュアルリンクとは

シングルリンク

デュアルリンク


(1920×1200 ピクセル)


(2560×1600ピクセル)

それぞれ出力できる映像の最大解像度が異なり、シングルリンクケーブルはWUXGA(1920×1200 ピクセル)まで、デュアルリンクケーブルはWQXGA(2560×1600ピクセル)までの映像を表示できます。

DVIの種類について

DVIにはデジタル映像信号専用のDVI-D(DVI24pin)コネクタと、デジタル映像信号とアナログVGA映像信号の両方が通信できるDVI-I(DVI29pin)コネクタなど複数の規格が用意されています。

DVI-I(DVI29pin)

デジタル・アナログ信号両対応

アナログVGA信号を通信するために5ピンが追加されています。DVI-Iコネクタに変換アダプタを用意することで、VGA端子を持つ機器と接続して使用することができます。

DVI-D(DVI24pin)

デジタル信号対応

DVI-Dオスコネクタは、DVI-D・DVI-Iどちらのメスコネクタにも差し込めます。アナログ信号を使用しない場合は、DVI-Dコネクタ付きのケーブルを選べば全てのDVI機器で使用できます。

DVIとHDMIの関連性

HDMIは、DVIをもとに音声伝送機能や著作権保護機能、色差伝送機能などAV機器向けの機能を加えた、デジタル家電向けのインターフェースです。基本的なデジタル映像信号は同じなので、HDMI-DVI変換ケーブルや変換アダプタなどを使用すれば相互に接続することができます。

DVI

DVI

吹き出し

映像信号は同じなので
変換ケーブル・変換アダプタで
簡単に接続可能!

HDMI

HDMI

映像信号のみ対応

映像・音声信号対応

※DVIは映像信号のみを伝送するため、HDMI機器の音声を出力したい場合は別途オーディオケーブルなどが必要になります。

TOPへ戻る
ご意見・ご要望
仕様を見る
メルマガ登録

メールアドレス