トップページ > すべての特集コンテンツ > LANプロ:LANケーブル自作方法・最新情報 > LA-RZ6-1加工マニュアル

LANプロ(LA-RZ6-1加工マニュアル)

LA-RZ6-1の製品画像

LA-RZ6-1

マグネット付きローゼットキット(1ポート)

  • ・オフィスや家庭のケーブル配線をすっきりまとめる情報コンセント。
  • ・マグネット付きで、スチールデスクに固定できます。
  • ・カテゴリ6(1000BASE-TX)に対応。

【加工に必要なもの】

LA-RZ6-1 モジュール・加工方法

本体背面の穴にドライバー等の固い物を挿し込み、テコの原理で蓋を開きます。

蓋を開けると「中蓋」と「結束バンド」が入っているので、それらを取り出します。

内部モジュラージャックの側面に、配線色が記載されたシールが貼られています。配線したい結線の色を確認します。

ケーブルの先端を4〜6cmの長さで剥きます。

中の十字フィラーを、ハサミやニッパーなどで切除します。

ケーブルの位置合わせをします。位置の目安は、剥いた外皮の先端がモジュラージャックの端にギリギリ触れる程度です。

結線したい配線に合わせ、各ペアの線をモジュラージャックの谷間に合わせます。
(画像はB配線で合わせています)

谷間の真上辺りの芯線の撚りを戻します。色を間違えないよう確認し、撚りを戻した芯線を谷間に押し付け、パンチダウンしやすい状態にします。

パンチダウン工具を使って芯線を押し込みます。カット機能付きの工具を使用する際は、刃の向きに注意して加工してください。

他の芯線も同様の手順で加工していきます。

工具によってはカットできなかったり、元々カット機能が無い物もあるため、パンチダウン加工後に切れていない線はニッパーやハサミなどで切除します。

芯線の切除が終わったら、中蓋を被せて簡単に取れない程度に押し込みます。

結束バンドでケーブルを軽く縛って固定します。

最後に蓋を被せて、加工完了。

TOPへ戻る
仕様を見る